初めてのデパコス・コスメカウンター講座

SITEMAP

まずはコスメの違い・選び方を知ろう

憧れのデパコス

デパコスとプチプラコスメの違い

最近よく使われるのが「デパコスかプチプラか」でコスメをざっくり2つに分ける考え方。もちろん全てのコスメがどちらかに当てはまるわけではありませんが、「デパートで売っているお高いコスメ」と「お手頃価格のコスメ」というのは真逆の存在なので比較しやすいんだと思います。
デパコスにはもちろん値段相応の良さがあるし、プチプラの中にもお値段以上に使えるいい商品はたくさんあります。どちらが良いとか悪いとかは一概に言えません。

デパコスとプチプラの一番の違いは何と言ってもやっぱり値段です。比較のためにここでは、デパコスの代表をシャネル、プチプラの代表をキャンメイクとしてみます。

アイテム シャネル キャンメイク
リップ(口紅) 4200円 580円
アイシャドウパレット 6900円 780円
チーク 5800円 550円
ファンデーション 7500円 950円
4つのアイテムを比較してみると、シャネルとキャンメイクでは8倍〜10倍ほどの価格の差があることが分かります。シャネル高い!キャンメイク安い!!

シャネルはデパコスの中でもやや価格設定が高めで、逆にキャンメイクはプチプラコスメのなかでも一際プチプラなブランドであるためこのような比較結果になりました。

では、同じアイテムでここまで価格に差が出るのはなぜでしょうか。それは主に、・成分、・開発費、・広告費、・人件費、の4つが原因です。

シャネルと言えば誰もが知る超一流ブランド。当然コスメも妥協を許さずこだわって作られています。
巨大な開発チームが最先端の技術を日夜研究していて、独自の成分や目新しい製法などをどんどん取り入れています。容器もゴージャスで、シャネルのコスメを持っているだけで自分のステイタスが上がったような気分になります。

一方、プチプラコスメの成分はデパコスほど豪華ではありません。と言っても何も劣悪な成分が入っているわけではないので使う分には一切問題はありません。
プチプラコスメをよーく見てみると分かると思いますが、容器でかなりコストカットされています。キャンメイクの商品には金型と呼ばれる金属のケースが付いていません。普通、コスメは金型に入っているものでしたが、金型は高額なためこれをカットして消費者に安く提供してくれているのです。企業努力を感じますね。

広告費も、シャネルは海外の一流モデルを起用して世界中に大型看板を出したりしています。キャンメイクもTVCMや雑誌広告などでプロモーションをしていますが、その差は比較にならないでしょう。
それから百貨店に出店するとそれだけで家賃や人件費がかかります。キャンメイクなどプチプラのブランドには販売員さんがいないので人件費もかからず、結果的に商品を安く提供できるのです。

デパコスが高く、プチプラが安い理由がざっくりとお分かりいただけたでしょうか。