初めてのデパコス・コスメカウンター講座

SITEMAP

まずはコスメの違い・選び方を知ろう

便利な通販コスメ

通販コスメをざっくり分類

通信販売という買い方が普及してずいぶん経ちます。最近ではネットショッピングが主流でしょうが、まだまだハガキや電話で注文して商品を購入している人だってたくさんいます。
コスメだって例外ではなく、殆どの人が通販で何かしらのコスメを買ったことがあるのではないでしょうか。
じっくりカタログを見て早朝でも深夜でも買うことができる通販。とっても便利ですが通販コスメもいくつかに分類できることを覚えておくともっとタメになると思います。

通販コスメと言うと、店舗を持たないメーカーがネットやハガキや電話で商品を販売していることを思い浮かべると思います。
その代表的存在がファンケルとDHCでしょう。ほかにもオルビス、ドモホルンリンクル、ドクターシーラボなどたくさんのメーカーが主な販売方法を通販としています。

通販化粧品の売り上げはデパコスの売り上げのおよそ2倍と言われていることからも、どれほど大きな市場なのかが分かると思います。
最近では通販コスメメーカーが実店舗を設けることも珍しくなく、カタログでは分からなかったテクスチャーや色味なども実際に試せるようになってきました。これは買う側の不安をかなり軽減し、通販コスメのデメリットを大きく克服したと言えます。

通販コスメは在庫を持たないことや人件費がかからないことが強みです。なのでその分、質の高い物を低価格で買うことができます。

通販でコスメを買うのは何も実店舗がない場合だけじゃありません。店舗があっても家から遠くて買いに行けないとか、ネットで買ったほうが安いからという理由もあるでしょう。

例えば、海外のコスメを欲しいと思ったとき、真っ先にネットで公式HPを覗いてみると思います。人気のブランドなら日本語版のHPがあり、日本円で販売されているのでとても買いやすいです。
自宅に居ながら世界中のコスメが買えるので、選択肢がグンと広がってワクワクしますよね。

ほかには、Amazonや楽天などのサイトで購入するのも最近のメジャーなコスメの買い方です。
Q10やコスメデネットなど、公式サイトよりも安く買えるサイトがたくさんあります。そういうサイトを使う際は、なぜその商品が安く買えるのか、その理由を確認してみてください。並行輸入だからとか、使用期限間近だとか納得できる理由であれば大丈夫です。中には本物そっくりの偽物が売られている場合もあるのでネットで格安コスメを買う場合は注意しましょう。