初めてのデパコス・コスメカウンター講座

SITEMAP

カウンターやお店でのコスメの買い方

コスメの買い方・買う決め手

BAさんにタッチアップしてもらうメリット

デパコスを見ていると美容部員さんから声をかけられます。これは洋服を見ているとショップ店員さんから声をかけられるのと一緒で、特に深い意味はありません。商品を気に入ってもらうために「試してみてくださいね」という声掛けです。
でも洋服を着替えるのと違って、顔にいくつもコスメを塗って試すことはできません。デパートに行くときには既にメイクもしているはずですし、その上から重ねて塗ってみても色味や質感などよく分からなくなってしまいます。
そこで美容部員さんにタッチアップをお願いしてみましょう。

タッチアップとは、美容業界では「肌に付ける」という意味です。コスメは実際に肌に塗ってみないと発色やツヤやモチなどが分からないので、買う前のタッチアップはとても大事です。
デパコスのカウンターに美容部員さんがいるのは、このタッチアップのためと言っても過言ではないかもしれません。

美容部員さんは商品の説明をしながら、きれいにタッチアップをしてくれます。その際、必要なら今しているメイクも落としてくれますし、終わった後もまた綺麗にメイクしてくれるので、次に予定があるときでも大丈夫です。例えばファンデーションを試すときに、今のメイクを落として商品のファンデーションを塗ってくれますが、帰る際にはチークなどまでしてくれるということです。

自分一人だとついテキトーに済ませてしまいがちですが、美容部員さんの丁寧なタッチアップを受けると、そのコスメがどんなものなのかがよく分かります。

タッチアップをしてもらうと断りにくくなるとか、買わなきゃいけない気になるとか言う人もいますがそんなことはありません。コスメは付けた瞬間だけではなく、時間が経つとどうなるのかも大切だからです。
付けてからどれぐらいで崩れ始めるのか、色モチはいいか、などを判断するためにも「時間が経った状態も見て判断します」ということを伝えればいいでしょう。正直に「付けてみると気に入らなかった」と言っても大丈夫です。

デパートの1階のカウンターでタッチアップをしてもらうと、ほかのお客さんや通行している男性などからも見られるため、ちょっと恥ずかしいと思うかもしれません。でも、プロにメイクしてもらうと高揚感もあるしいろんな発見ができるので、是非タッチアップすることをおすすめします。