初めてのデパコス・コスメカウンター講座

SITEMAP

カウンターやお店でのコスメの買い方

美容部員さんとの会話

BAさんのおすすめを上手に断る方法

デパートでコスメを販売するBAさん。綺麗にメイクしていて清潔感があって、美容の知識が豊富で素敵ですよね。BAさんに憧れたことがある女性も多いのではないでしょうか。
そんな華やかなBAさんからコスメをおすすめされては、ついアレもコレもと買ってしまいそうになります。
でもそんなにポンポン買っていてはお金が大変。ときにはBAさんのセールスをうまく断るスキルも必要なのです。

BAさんのおすすめを断るシチュエーションとしてはいくつか考えられます。

1つ目は、「別に欲しくない」とき。これは比較的簡単なようにも思えますが、感じよくサラッと断るのは意外と難しかったりします。

ストレートに「いらないです」「買いません」なんて、余程気が強い人か空気の読めない人しか言えませんからね。殆どの人は感じ悪くならないようにやんわりと断りたいと思うはずです。
なので「今は別のを使ってるので…(いりません)」とか「同じような物を持ってるので…(買いません)」など、後に続くお断りのフレーズを濁すようにすれば言いやすいと思います。

シチュエーション2つ目は、「欲しいけど買わない」とき。
お客さんがちょっとでも商品を可愛いな、欲しいなと思っている素振りを見せたら、BAさんはグイグイにセールスしてきます。お客さん自身もその商品を魅力的に感じているので、押しに負けて買ってしまうのです。あとになって「本当は別のことにお金を使うつもりだったのに…。でも可愛いからいっか!」と無理に自分を納得させようとしてしまうパターンですね。

欲しくてもお財布事情で買えないときは、正直に「ちょっと今はお財布的に厳しいので…」と言ってしまっても大丈夫です。
もしこう言うのが恥ずかしいなら、「いいと思うけど少し検討します」「すごく欲しいけど今日は別の物(服など)を買うつもりなので…」などと言えばBAさんも諦めてくれます。

シチュエーション3つ目は「欲しいか欲しくないか自分でもよく分からない」ときです。
コスメ売り場でたくさんのコスメを見ていたら、こういう状況に陥ることが度々あります。どれもすごく欲しいような気もするし、反対にどれもすごくいらないような気もしてくるんです。

こういうときは一旦冷静になって考え直したほうがいいので「他の店も見て、忘れられなかったらまた来ます」と言ってその場を去りましょう。BAさんは再来店の期待を込めてパンフレットや試供品をくれたりすると思いますよ。