初めてのデパコス・コスメカウンター講座

SITEMAP

カウンターやお店でのコスメの買い方

美容部員さんとの会話

アタリBAさん・ハズレBAさん

デパコスを買う時に避けて通れないのがBAさんの存在です。
髪を切るときに美容師さんなら誰でもいいわけじゃないのと同じで、BAさんとお客さんにも相性のようなものがあります。もちろん人間同士の付き合いなので、BAさんの見た目や性格によっても好みが別れるでしょうが、失礼ながらアタリBAさんとハズレBAさんがいると思います。
頼れる素敵なアタリBAさんが見つかったらその人を目当てにカウンターに寄ってみたり、お得な情報を教えたもらえたりと、今よりずっとデパコスカウンターが楽しくなるはずです。

ではどういうBAさんがアタリでどういうBAさんがハズレなのかと言うと、まずは知識量の差で分けてしまえます。
BAさんとはコスメを買う側からするとそのブランドの顔。何を聞いても自信を持って答えてくれるBAさんでないと信頼できませんよね。

コスメのカラー展開や値段や発売日は当然ながら、成分や個人に合った使い方などまでもスラスラと答えてくれるBAさんなら安心です。知識量が足りずに曖昧な答えしかしてくれないBAさんだと、「この人からコスメを買うのは不安だなぁ」という気持ちになってしまいます。
安くはないデパコスですから、何でも知ってる頼れるBAさんから買うのが正解です。

あとは、『売ろう売ろうとしてこないBAさん』もアタリだと言えます。どういうことかと言うと、お客さんの立場になって本当に必要なものだけをおすすめしてくれるBAさんです。

極端な話、お客さんが欲しいと思っていても、やんわりと似合わないとか今は必要ないとか言って正しいジャッジをしてくれるBAさんは本当に信頼できます。
商品を売るのがお仕事のBAさんですから、当然売り上げを多くあげるのも大事でしょう。でもだからと言って、売上第一主義でお客さんの望んでいないものや不要なものまで売ろうとしてくるBAさんはちょっとハズレ要素が強いと思います。

もしカウンターに行ってみてこれらの要素を備えたアタリBAさんがいなければ、思い切って別の店舗に行ってみてもいいと思います。それぐらい、アタリBAさんからコスメを買うことは気分を大きく左右する大切なことなのです。