初めてのデパコス・コスメカウンター講座

SITEMAP

コスメを買ったあとの使い方

似合うメイクの仕方

パーソナルカラーはイエベかブルべか

ここ数年急激に耳にすることが多くなったのが「パーソナルカラー(PC)」という言葉です。パーソナルカラーとは、人それぞれの生まれ持った肌や髪、瞳の色によって決まる、「似合うカラー」のことです。
自分のPCを知ることで、美肌に見えたりあか抜けて見えるなど嬉しい効果がたくさんあります。

PCは「イエローベース(イエベ)」と「ブルーベース(ブルベ)」の2種類に大きく分けられます。更に色の明るさによってイエローベースの中で「春」と「秋」に分けられ、ブルーベースの中で「夏」と「冬」に分けられるので、全部で4タイプあります。

ですが「春に近い夏」の人や「冬の要素もある秋」の人などもいて、誰もが必ず4タイプのどれかにぴったり当てはまるというわけではありません。
まずはざっくりと自分がイエベなのかブルベなのかだけでも知っておくと、服やコスメを選びやすくなると思いますよ。

PCを知る方法としては、自己診断よりはプロによる診断がおすすめです。
ネットで検索すれば簡単にPCが診断できるサイトがいくつも出てきますが、これだけでは確実だとは言いにくいです。実際に自己診断で間違ったPCを思い込んでしまう人は多いのです。これでは意味がありません。

PCを診断してくれる店に行けば、カラーリストやカラーアナリストからPC診断や似合う色・似合わない色のアドバイスをしてもらえます。その場でPCに合ったメイクまでしてくれるところもあります。料金はだいたい3000円〜1万円ほどです。一度知ってしまえば一生役立つので、是非プロによる診断をしてもらいましょう。

PCが世間のみなさんに浸透してきたのと同時に、PCへの誤解も増えています。一番多いのが「色白の人はブルベ、色黒の人はイエベ」というものですが、これは全くのデタラメです。
ブルベは青みがかった涼しげな色が似合う人のことで、イエベは黄味を含んだ暖かい色が似合う人のことです。肌の色だけでは判断できません。

それから、自分のPCではないカラーの服やコスメを全く使わないという人もいますが、これは非常にもったいないことだと思います。PCを身に付けると確かに若々しく健康的に見えてイメージアップしますが、だからと言ってPCじゃない色が絶対に似合わないというわけではありません。

例えば同じ黄色でも、レモンのような青みがかった黄色なのか、ひまわりのような温かみのある黄色なのかで全然違います。
メイクで言えば、イエベだからと言って青みピンクを避けるのではなく、リップに青みピンクを使ったら目元やチークにコーラルやオレンジを入れるなどのバランスでPCじゃないカラーでも可愛く使うことはできます。PCに縛られ過ぎず、自分の好きな色を似合うように工夫して使うことが大切です。