初めてのデパコス・コスメカウンター講座

SITEMAP

まずはコスメの違い・選び方を知ろう

その他のコスメ

秋冬のコスメと使い方

コスメは1年中同じものを使うよりは、季節に合ったものを使ったほうが効果的です。気温や湿度、紫外線の強さなどによって肌の状態は変化し、必要なケアは違ってくるからです。 日本には春夏秋冬の四季がありますが、コスメ界やファッション界ではよく春夏と秋冬の2シーズンに分けて考えられます。その際、春夏をspring・summerでSS、秋冬をautumn・winterでAWと表記されます。 ここでは秋冬のAWシーズンに必要なコスメやケアについて提案していきます。

秋はダークカラーのアイテムが増えてきますよね。メイクも洋服に合わせて秋色に変えていきたいところ。ただ、変わるのはカラーだけではなく、冷たく乾いた空気が気になる季節でもあります。元々皮膚は水分と皮脂によって守られているのですが、秋冬の乾燥によってこれが失われていくと、お肌がダメージを受けやすくなってしまいます。

また、コロナウィルスが流行したためにマスクを着用する機会が増えたかと思います。そのせいか、今年はマスクによる肌荒れやほうれい線のトラブルが増えているそうです。
何故こんなことが起こってしまうのかというと、マスクを着脱する度にマスクの繊維が肌とこすれ合うことで肌のバリア機能が低下し、デリケートな状態になってしまいます。こうなると、ちょっとした刺激でも赤みやかぶれ、ニキビを引き起こしやすくなってしまいます。

マスクをすることによってその内側はしっとりしているように感じますが、実際は温度と湿度が高くなることにより、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。更にマスクを外した瞬間からその水分も気化し、急激に乾燥してしまうために、肌トラブルの元となるのです。なので、マスクを外した後の保湿をいつもよりしっかりするようにしましょう。出先でも保湿ができるように、小さなスプレーボトルに化粧水を入れて持ち歩くのもいいかもしれません。

次に化粧品について紹介していきましょう。
乾燥する季節にお勧めしたいのがリキットファンデ。リキットファンデはつや感があるしっとりした肌に仕上げることができ、また、油分が多いために乾燥対策ができます。リキットファンデはムラやヨレができやすく、苦手意識を持たれている方もいるかもしれませんが、スポンジやブラシをうまく使うと毛穴をカバーできて綺麗な仕上がりになります。何よりリキットファンデは肌への密着が良くて崩れにくいので、マスクをしていても安心です。

そして記事冒頭でもお話ししましたが、ダークカラーのアイテムが増えてくる秋冬は、メイクもダークカラーにチェンジしたくなりますよね。秋メイクにお勧めなのはくすみ系カラー。アイシャドウならくすみ感のあるカーキ系カラーなどは肌馴染みもあり個性も出せるのでお勧めです。秋らしい暖色系のボルドーやテラコッタ、ブラウン、イエローなどのカラーも、大人っぽさを演出してくれるので、どれを選んでも間違いなしです。

また、まぶたの皮膚も非常にデリケートな部分ですので、乾燥を抑えるために目元をしっとりさせるクリームシャドウがお勧めです。モチが良いので粉落ちしないですし、乾燥しにくいので秋冬に使ってみるのはいかがでしょうか。もちろん体に合わない人もいると思うので、皮膚に異常が出たらすぐに使うのをやめましょう。

リップも合わせて、ブラウンや赤みがかったチョコレート色を選んでみてはいかがでしょう。この時期になると新しいダークカラーのリップが沢山販売されるのでつい目移りしちゃいますよね。

春夏のコスメと使い方」でも紹介した通り、毎年トレンドカラーは変わっていきます。去年は流行だった季節カラーが今年も流行するとは限りません。新作コスメをチェックして、是非旬のメイクを楽しんでくださいね。